エアコンの電気料金削減 その1
(あなたの施設の電気料金は普通より高い?安い?)

企業様にお伺いした際、「電気料金が高い、安くしたい」「空調機器に投資をしたいが本当に妥当な金額なのか分からない」という話をよく伺います。
年中気温が高いタイでは、施設全体に占める空調費用の割合が高い傾向にありますが、エアコンがどう管理され、どのような運転がされているかをご存知でなかったり、運用方法は決まっているが、現場作業者が変更してしまい運用ルールが守れていないケースがよくあります。
これから何回かに分けて、エアコンの電気料金はどのように計算されているのかという基本的な知識や、実際に現場で計測したいくつかの事例をご紹介します。
基本的なエアコンの構造・動作を理解し、現在の状態を確認する、それだけで大く電気料金を削減できる可能性が十分にあります。

あなたの施設の電気料金は普通より高い?安い?

空調
こちらの図は、Web 「 Daikin Proshop 」 の「業種・用途と広さから算出するエアコンの冷却能力の目安」からの引用です。
この図から分かること
まず、快適な空間の温度を保つためにエアコンを購入されているので、目的が達成できるスペックや空間設計になっているかが重要なチェックポイントです。
緑かピンクの範囲内に入っていると、比較的適正であるケースが多いです。
では、ピンクの場合、以下のような条件でエアコンを利用すると電気料金はいくらになるでしょうか?
※各項目の厳密な理解は後で大丈夫です。現時点ではざっくりとイメージを理解いただければと思います。
空調
厳密には電気料金の計算は複雑ですが、単純化すると
電気料金=定格電力×負荷率×利用時間・日数×kWhの電気料金
となります。
よって、上記の場合の1ヶ月の電気料金は以下となります。
2,800 THB = 5 kW × 70% × 10時間 × 20日 × 4 THB
15 kWの冷却能力というのは、
エアコン
シーリングタイプのエアコンであれば、冷却能力が高いもので1台程度。
エアコン
家庭用エアコンであれば2-3台程度のイメージです。
10m×10m位の熱源があまりない部屋で、快適な気温に保てるスペックの上記のようなエアコンを1ヶ月間使った場合の電気料金が2,800 THB位という事になります。
ここから、環境や設備の状態等を考慮し、現状の電気料金が高いのか低いのか、何を改善すれば電気料金がどの位下がるのかを考えていくことになります。
※エアコンの電気料金は、環境によって大きく条件が変わってきますので、上記はあくまでかなり大雑把な目安であると考えてください。

まとめ

エアコンの電気料金を削減するために大きく確認が必要なポイント

ご案内

あなたの現場の電気料金が適正なのかシミュレーションしてみませんか?
エアコンの電気料金を20-30%削減
電気料金削減余地チェックサービス
今なら電気料金削減ノウハウをまとめた無料レポートご提供
詳細はこちら
https://www.ecms.co.th/service/aircon/
本時事は
S.M.L. Technology (Thailand) Co., Ltd.
http://www.smlthai.com/
に協力を得て掲載しています。